ミルぱん

mirupan.exblog.jp
ブログトップ

パンプキンカンパーニュとミニバケット

a0162493_103949.jpg


レシピ本より、パンプキンカンパーニュを焼く。
24日正午に生地を仕込み、夜9時頃パンチ。その後2時間ほどさらに発酵させて、その後成形し、バヌトンに入れて1時間ほど発酵後焼く。レーズン酵母使用。粉はおもに黄金鶴使用。後は全粒粉とライ麦粉。生地の中にカボチャの裏ごし(生協で買ってあった冷凍うらごしかぼちゃを使用)を練り込み、中に干しいも・レーズン・くるみとシナモン・ナツメグ少々。まだ食べてないけど、見た目はまあまあかな?

a0162493_1103778.jpg


上のカンパーニュの後にすぐ、酒粕酵母の種でバケットを仕込む。
いつもははちみつかモルトエキスを少量入れるが、今日は何もいれずに粉と水と塩だけで作ってみる。粉はタイプER。水分量63.8%。生地をキャンバスの上に置くときに、前回よりもさらに打ち粉を多めにして気を付けたつもりなのに、最終発酵後生地がキャンバスに張り付いてしまった。3本焼いたうち2本は平べったい焼きあがりになってしまった。24日昼過ぎに生地を仕込み、7時間で一度パンチ。その後2時間さらに発酵させてから、ベンチ、成形して焼く。焼きあがり25日午前1時なり。パンを焼いていると全く眠くならない。楽しい~。

あ~それにしても、バケットの形がここに日記を書き始めて一番最初に作ったやつが一番良かったような気がするのは気のせいだろうか??成形が悪いのか、クープの入れ方が悪いのか。はたまた酒粕酵母を使うことで生地がダレやすいのか・・・。う~ん。難しい。でも、とにかく焼き続ければ何かが見えるはずだ。
[PR]
by mirupan | 2010-01-25 01:23 | 酒粕・レーズン酵母